商品

今年も一年大変お世話になりました。紅白見ながらこの1本。ちえびじん 純米大吟醸 彗星 おりがらみ生酒 

2021年も残り僅かとなりました。

今年も1年間大変お世話になりました。

今年は個人的に色々とあった年で

非常に良い事も非常に悪い事も重なった1年となりました。

後厄という事もあるのでしょうか。。

来年はブログを通じて日本酒ファンと酒粕ファンを広げる為

情報発信をして行きたいと思います。

2022年は毎週 月・水・金にブログをアップして1年間で156記事

2023年まで掛かりますが200記事まで滞る事なく頑張りたいと思います。

そして今日は大晦日この1本で締めくくります。

「ちえびじん 純米大吟醸 彗星 おりがらみ生酒」

既に1本飲み終えて空瓶を飾りにしました(笑)

部屋も明るくなりました。

こちらの商品は平成28年12月から発売し早6年が経過します。

蔵元としては12月の年末くらいは旨い純米大吟醸を飲んで欲しい!

との想いがあります。

「彗星」は北海道の酒造好適米。

何故九州の蔵が北海道の米を使うのか?

6年前の夏に酒造仲間の先輩に誘われ北海道の田んぼを見に行きました。

広大な土地で寒暖差がありその光景に圧倒されました。

雪が多い北海道は昔は米の栽培に適さないとされていましたが

温暖化が進み今は酒米のみならず食べる飯米も北海道産の米の評価が

ぐんぐん上がっております。日本の内陸の夏場の温度は35度を超える高温な為

お米の栽培に適さなくなってきております。

何事もチャレンジとの事で始めた「彗星」の純米大吟醸も

国内のみならず中国、韓国、台湾にも輸出しております。

今年も色々ありましたが紅白見ながらこの1本!

2022年も多くの事にチャレンジしブログを通じて新たな縁が生まれる年に

して行きたいと思います。

皆様よいお年をお迎えください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。